キャッシング機能を設定しない

キャッシング機能は必ず外す!

楽天PINKカードに申し込む場合
キャッシング機能をつけるかどうか
選ぶ項目があります。

 

この項目は楽天PINKカードの
審査に通るためにかなり重要です。

 

もしかして、「キャッシング」という言葉を
オギャーと生まれて初めて聞いた方も
いるかもしれません.

 

そんな方のために簡単に
キャッシングについて説明しますね。

 

簡単に言うとキャッシングとは
クレジットカードを使うことで
ATMなどからお金を
借りることができる機能の事です。

 

要するに借金です。

 

例えばATMに楽天PINKカードを入れて
借りたい金額を入力すると
そのお金が出てきます。

 

ですが、当然ながらタダで
貸してくれるわけではありません。

 

借金ですから、返さないとですし
返済には利息が付きます。

 

例えば楽天PINKカードの
キャッシングの利息は年率18%です。

 

楽天PINKカードのキャッシングで
1万円を借りたとすると
1年後に返す場合は
11800円を払わないといけません。

 

1800円も余分に返さないと
いけないわけです。

 

キャッシングって怖いですよね;

 

逆に言うと1800円が
カード会社の儲けになります。

 

なので、カード会社としては
キャッシングを使ってくれると
儲けが出て嬉しい訳です。

 

ですが、せっかく
キャッシングを使ってくれても
しっかりと利息を払ってくれないと
カード会社の儲けになりません。

 

例えばキャッシングでお金を借りた人が
会社をクビになったりして
収入が0になり
お金を返せなかったらどうでしょう。

 

その人が最悪カード破産などしたら
カード会社には儲けが出ないどころか
キャッシングの元金も返ってこない
場合があります。

 

そうなるとカード会社としては
大損ですよね;

 

というわけで、カード会社にとって
キャッシングは儲かるけども
逆にリスクもあるわけです。

 

楽天PINKカードを申し込みたい人が

 

「キャッシングを使いたいから
楽天PINKカードを作らせてくれ!」

 

と言ってくるとカード会社は
儲けれる可能性があるから
嬉しい半面

 

「この人は大丈夫かな?
ちゃんとお金返してくれるかな?」

 

という不安な気持ちもあります。

 

万一カード破産されたら
大損する可能性もありますから・・

 

なので、カード会社としては
キャッシング希望者が
カード破産するような人かどうか
しっかりと審査する必要があります。

 

なので、キャッシングを希望すると
審査が厳しくなってしまうのです。

 

また、貸金業法という法律により
キャッシング希望者はカードを作る時に
収入を証明する書類を提出しないといけません。

 

キャッシング希望者はカードを作る時に
給与明細や源泉徴収票などの
書類が必要になります。

 

働いていない無職で収入がゼロの方は
これらの書類を用意することが
できません。

 

そのためキャッシングを希望すると
無職の方は、ほぼ審査に
通らなくなってしまいます。

 

ですが、逆に言うとキャッシングを
希望しなければ収入を証明する
書類を提出する必要がないのです。

 

なので、例えば職業を
自営業ということにして
年収800万と書いてもばれないのです。

 

自営業なら会社の在籍確認の電話も
自宅または携帯の番号にできます。

 

ここでクレジットカードに詳しい方の場合は

 

「でもCICとかの信用情報期間を調べられたら
一発でばれるんじゃないの?」

 

と考える方もいるかもしれません。

 

でもこれが、バレないんですよ。

 

確かにCICなどの信用情報機関には
職業などの個人情報も保管されます。

 

ですが、職業などの個人情報は
いつ変わってもおかしくない情報です。

 

借金やローンなどと違い
職業や住所などの個人情報は
リアルタイムで更新するのは不可能です。

 

例えばその人が職業を変えた瞬間に
CICに保管されている個人情報を
書き換えるのは絶対に無理です。

 

なので、CICに保管されている
個人情報と違っていても
まだ、更新が反映されていないということで
処理されるのです。

 

例えば、CICには無職と書かれていても
最近、自営業を始めたので
まだ情報が更新されてないんだよと
言えるわけです。

 

なので、キャッシングさえ
希望しなければ、本当な無職なのに
自営業と嘘をついても
バレる可能性は極めて低いです。

 

絶対にバレないとは言えないですが
ほぼバレないと思います。

 

また、仮にバレたとしても
問題なく楽天PINKカードの審査に
通る確率が高いです。

 

カード会社としては
カードを作って利用してもらいたいわけです。

 

仮にその人が無職でも
キャッシングや分割払いを使わず
きっちりと返済してくれる人なら
カード会社にリスクはありません。

 

ちなみにキャッシングや分割払いを
使わずに一括払いだけ使っていても
わずかですがカード会社に利益は出ます。

 

なので、カード会社としては
無職でも一括払いでたくさん
ショッピングして、きちんと返済してくれる人は
うれしいわけです。

 

しかし、申込書に堂々と無職と
書かれるとカード会社としても
審査に通しにくくなります。

 

そんな時に嘘でも良いので
自営業と書いてくれれば審査に
通しやすくなるわけですね。

 

ですが、本当は無職なのに
自営業と書くのはやはり嘘を
つくことになります。

 

ちなみに私の知人で本当は無職なのに
自営業と嘘をついて
カードを作ることに成功した人はいます。

 

ですが、あまりおすすめできません。

 

この方法を使う場合は自己責任
行うようにしましょう。

 

学生や主婦、普通に働いている方は
キャッシング機能を無しで申しこめば
普通に審査に通りやすくなります。

 

キャッシングの年率は変更する可能性が
あります。

 

最新情報は公式サイトで
確かめておいてくださいね♪